次期国連事務総長選びで談合を始めたアメリカと中国

2006年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米

 七月二十四日、国連安全保障理事会で行なわれた次期国連事務総長の予備投票の結果が出た直後、国連アメリカ代表部が、中国代表部に対して、上位候補に否定的な見解を伝えたことがわかった。 安保理関係者によると、予備投票の結果、韓国の潘基文外交通商相が一位、二位にインドのタルール国連事務次長、三位にはタイのスラキアット副首相、そしてスリランカのダナパラ前国連事務次長が続いた。この顔ぶれを見た米国が中国に、「国連の問題を解決できる人物がいると思えない」と伝えたという。 ある国連関係者は「次期事務総長はアジア出身、という国連内に広がる一般的な空気に抗するには、アメリカは中国との協議が絶対的に重要だと考えている」と解説する。これに対して中国は、インドと、インドの影響を強く受けるスリランカ出身の人物には否定的な姿勢を示したという。中国外務省関係者によると、「中国は、韓国から事務総長が抜擢されることに反対ではなかったが、北朝鮮によるミサイル発射以後、事情が変わった」とし、「韓国は、まず朝鮮半島問題の解決に取り組むべきだ」と発言したという。 こうした中、ダークホースとして浮上したのが、クワシニエフスキ元ポーランド大統領。東欧からの選出には、通常、ロシアが反対するが、エネルギー問題でロシアと東欧が蜜月関係にあることを考慮すると、ロシアが支持に回る可能性もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順