森派と創価学会が先着した日印関係の歪み

2006年9月号
カテゴリ: 国際 政治

 二〇〇三年度、日本の円借款の国別供与額ランキングで、トップが中国からインドに入れ代わった。以来、インドは一貫して日本にとって最大の支援先であり、またインドから見ても日本は最大の援助国となっている。〇五年度の供与限度額では対印ODA(政府開発援助)に千五百五十四億円が計上されている。 たとえば、デリー首都圏で建設が進む地下鉄も、資金の五割以上が日本の援助によるプロジェクトだが、利用者の目に最もよく触れる車両の製造は主に韓国企業が担う。これでは日本が支援したプロジェクトであることが目に見えにくい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順