ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(19)

盧政権が目指す「中立国」に地政学的リアリティはあるのか

執筆者:黒田勝弘 2006年9月号
カテゴリ: 書評

『風濤』井上靖著新潮文庫 1967年刊 韓国の盧武鉉大統領が“朝鮮半島の地政学”にえらく入れ込んでいる。そのきっかけになった本があって、若手研究者のペ基燦著『コリア/再び生存の岐路に立つ』(韓国ウィズダム・ハウス刊)がそうだ。大統領は先ごろ開催された軍の全軍主要指揮官会議でも出席者全員にこの本を配るなど、昨年来ことあるごとにこの本をPRしている。 これは朝鮮半島の歴史を、周辺国との関係に重点を置いて古代から現代まで分析した地政学の本である。つまり朝鮮半島が置かれた地政学的条件からして、コリアの“生存”は周辺国との関係をいかにうまく設定するかにかかっているとみる。そして結論的には、スイスのような「中立国」が理想という。 こうみてくると、韓国のあるべき未来像として盧武鉉政権が主張している「東アジアの均衡者(バランサー)」論や、「自主外交」という名の反米、そして反日強硬論の背景が分かる。韓国をこれまでとは違って周辺国に左右されない独自の存在――東アジアの中立国にもっていこうというわけだ。 なぜ韓国は「中立」を切望するのか、理由は歴史を見ると納得できる。その韓国―朝鮮半島の地政学が象徴的に描かれているのが、井上靖の歴史小説『風濤』である(単行本は一九六三年刊)。モンゴル(元)の過酷な支配下で朝鮮半島の高麗(九一八―一三九二年)がいかに苦労し、いかに生き延びてきたかが、とくにフビライによる日本侵攻作戦の時代を背景に切なく書かれている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順