キャノン中佐との恐ろしいデート:山口淑子さん追悼

春名幹男
執筆者:春名幹男 2014年9月16日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 中国・台湾 北米

 戦前・戦中は李香蘭、戦後も国際女優として活躍した元参院議員の山口淑子(本名・大鷹淑子)さんが7日、心不全のため死去した。享年94歳だった。告別式は親族で執り行われ、喪主名も公表されない、ひっそりとした最後だった。

 彼女の戦前戦後の芸能人としての活躍や、参院議員を3期務めたことなどはよく知られており、各紙は彼女の死を1面、社会面、文化面に評伝なども大きく掲載、「波乱の生涯」などと伝えた。

 しかし、彼女が戦後、父親と中国情報当局との関係などを指摘されて、連合国軍総司令部(GHQ)防諜部隊(CIC)の監視を受けていたことは伝えられなかった。筆者は約20年前、米国立公文書館で彼女のファイルを発見し、彼女自身にも取材した経験がある。

 父親に関する情報のほか、「山口は戦時中、中国大陸で日本のスパイ訓練を受けた」「山口は中国共産党の情報連絡員」「妹の1人は共産党員」などといった情報が集められていた。その中には確度が低い情報も含まれており、「山口はむしろ反共」といった友人の否定証言があったが、修正されないまま、ファイルには誤った情報も残された。

 彼女は中国大陸で、満州映画協会(満映)の看板女優として、事実上の文化プロパガンダ作戦に従事したことが「スパイ活動」とみられたようだ。他方、戦後対中情報工作に乗り出したCICが何らかの形で彼女を利用しようと考えた可能性もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順