中朝国境で飛び交う北朝鮮がらみの偽情報

2006年10月号
カテゴリ: 国際

「テポドン2号打ち上げは、失敗ではない。将軍様の指示通り、自爆させた」――七月下旬、北京の軍中枢に“極秘情報”が届いた。北朝鮮が七月五日に連射したミサイルの中で最も注目されたのはテポドン2号。日米両国は「発射四十秒余りで爆発、完全な失敗だった」とほぼ断定している。ところが、北朝鮮と接する中国軍瀋陽軍区の情報部門は、「北の軍幹部から発射成功との情報を得た」と、軍総参謀部二部に報告したという。 中国筋によれば、北の複数の軍幹部が「今回は我々の力(ミサイルの性能)を見極めるのが狙い。軌道に乗った二十数秒後に地上から自爆指令を送った」と明言した。報告を受けた総参謀部二部は、「軌道」が発射から始まる「軌道」か「周回軌道」を意味するのかなど「あまりに曖昧な内容が多い。北は国内幹部向けに発射成功と説明しているのだろう」と結論を下した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top