饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(105)

フィリピンからやってきたホワイトハウス初の女性料理長

西川恵
執筆者:西川恵 2006年10月号
カテゴリ: 国際

 ホワイトハウスの女性料理長、クリスティータ・カマフォードさん(四三)は、八月末、三週間の家族旅行のバカンスからジョージタウンの自宅に戻った。 ホワイトハウスで十年間、副料理長をしてきたカマフォードさんが料理長に抜擢されたのは昨年八月半ば。この一年間、携わった饗宴に迎えた外国首脳は、主たるところで胡錦濤・中国国家主席、小泉首相、ハワード豪州首相、ブレア英首相がある。さらに折々のパーティーや食事会。料理長になって最初の長期休暇は、緊張の日々を忘れる機会になったはずである。 前料理長のウォルター・シャイブ氏はブッシュ大統領が二期目の就任を果たした直後の昨年二月更迭された。そもそもは一九九四年、ホテルの料理長をしていたとき、脂肪分の少ないヘルシー料理志向のヒラリー・クリントン大統領夫人(当時)が、同氏が得意とする米国の地方料理を気に入り、ヘッドハンティングした。 しかしブッシュ大統領夫妻は違った。テキサスと関係の深い夫妻は、バーベキューなど肉類が好物。「夫妻から料理スタイルを変えてほしいと要望され、試しました。しかし満足してもらえなかった」と同氏は語る。 後任の料理長には、何人もの名前が浮かんでは消えた。半年後、カマフォードさんの起用が発表されると、大きな驚きをもって迎えられた。女性というだけでなく、フィリピンからの移民だったからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順