イギリス大規模テロ「未然摘発劇」の全貌

執筆者:マイケル・ビンヨン 2006年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 中東

イスラム過激派が謀ったテロは、今回は未然に防がれた。だが、今もどこかで次の計画が進んでいるに違いない。[ロンドン発]八月十日未明、劇的な強制捜査の結果、イギリスでイスラム系の若者二十四名が逮捕された。もし彼らの計画が成功していれば、ロンドン警視庁幹部が明らかにしたように、「想像を絶する規模の大量殺戮」が起こっていただろう。彼らは九・一一米同時多発テロ事件以来、最大のテロ作戦を目論んでいた。それは、アメリカに向けて飛行中の旅客機、少なくとも九機を爆破し、アメリカの大都市に墜落させ、三千人を超える乗客・乗員を殺戮するというものだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top