盧武鉉“失効”でも消えない反米・親北の流れ

執筆者:黒田勝弘 2006年10月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 朝鮮半島

目も当てられない低支持率に、メディアの攻撃が追い打ちをかける。だがそれでも保守の政権奪還は容易ではない。[ソウル発]韓国の盧武鉉政権はまだ任期が一年半も残っているのに、レームダック化(権力衰退)がささやかれている(二〇〇七年十二月次期大統領選、〇八年退任)。後に大統領官邸当局は「そんなことは言っていない」と弁明していたが、大統領自身がマスコミ論説委員とのオフレコ懇談会で「政府機関の責任者たちが自分の言うことを聞かない」とか「自分の任期は事実上終わった」などと、レームダックを自認するようなことをしゃべっていたと伝えられている。 韓国では歴代大統領とも政権末期には共通現象があらわれる。大統領の家族・親戚の金銭やポストをめぐる権力型スキャンダルが暴露され、レームダック化が加速されたのだ。そして最後はボロボロの支持率で退場というシーンが繰り返されてきた。 これは盧武鉉政権と同じく“民主化経歴”が売り物だった金泳三政権(一九九三―九八年)、金大中政権(九八―二〇〇三年)もそうだった。いずれの大統領も政権末期には息子まで金銭スキャンダルなどで逮捕されている。 そこで「盧武鉉政権もか?」と思わせたのが、最近、韓国社会を揺るがせている賭博ゲーム機「海物語(パダイヤギ)」をめぐるスキャンダルだ。韓国社会で急激に広がったこのゲーム機の許認可や換金用の商品券発行などをめぐって権力型不正の臭いがするとして、マスコミが一斉に書きたて始めたのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順