「市民ボランティア」と「政治の現実」の狭間で苦慮するジョコウィ新大統領

川村晃一
執筆者:川村晃一 2014年10月6日
カテゴリ: 国際 政治 社会

 7月の選挙で勝利したジョコ・ウィドド(通称、ジョコウィ)が第7代インドネシア共和国大統領に就任する10月20日まで、1カ月を切った。現在、新政権発足に向けた組閣作業が急ピッチで続けられている。

 ジョコウィの勝利は、エリート層出身でない庶民派大統領が誕生したという点で、インドネシア政治史の画期をなすものであった。それに加えて、ジョコウィの勝利を支えたのが既存の政党組織ではなく、一般市民が自発的に参加したボランティア組織だったことは、インドネシアの民主主義が深化しつつあることを示す象徴的な現象であった。

 ジョコウィを支えようという市民ボランティアたちの情熱は、選挙の興奮が過ぎ去った後も冷める気配がない。一方、政権発足が近づくにつれ、政党や議会とどう付き合っていくかという現実政治の要請に、ジョコウィも向き合わざるをえなくなりつつある。

 

SNSによるボランティアの選挙運動

 大接戦となった選挙に勝利できた最大の要因は、ボランティアの存在だった。元国軍将校として人権侵害事件に関与した疑いのあるプラボウォ・スビアントが勝利すればインドネシアの民主主義は後退すると考えた一般の市民が、自らの意思でジョコウィ支持を訴える活動を始めたのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
川村晃一
川村晃一 独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所 地域研究センター副主任研究員。1970年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、ジョージ・ワシントン大学大学院国際関係学研究科修了。1996年アジア経済研究所入所。2002年から04年までインドネシア国立ガジャマダ大学アジア太平洋研究センター客員研究員。主な著作に、『2009年インドネシアの選挙-ユドヨノ再選の背景と第2期政権の展望』(アジア経済研究所、共編著)、『インドネシア総選挙と新政権-メガワティからユドヨノへ』(明石書店、共編著)、『東南アジアの比較政治学』(アジア経済研究所、共著)、『新興民主主義大国インドネシア-ユドヨノ政権の10年とジョコウィ大統領の誕生』(アジア経済研究所、編著)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順