行き先のない旅
行き先のない旅(41)

アラブ人とイスラエル人のある感動的なコンサート

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2006年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 中東

 その夜のコンサートは、ブリュッセルにしては異例な、ものものしい警戒だった。総稽古の途中で、客席に坐っていた人は全員退席させられ、客席の下に爆弾がしかけられていないかどうか、警察がくまなく調べていった。コンサートホール入口にはパトカーが並び、終演後の楽屋には、名前が登録されていないと、関係者ですら入れないほどである。 これだけ警察が神経をとがらすのも、現在の中東情勢を考えると無理からぬことだった。というのは演奏したオーケストラが、アラブ人とイスラエル人の若い音楽家で作られたオーケストラであり、指揮したのがこのオーケストラの創立者であるダニエル・バレンボイムだったからである。 ウェスト・イースタン・ディヴァン・オーケストラと呼ばれるこのオーケストラは、一九九九年に、アルゼンチン生まれのイスラエル人であるバレンボイムと、パレスチナ人の文学研究者・批評家で、アメリカ国籍のエドワード・サイードによって結成された。 楽団員は十八歳から二十五歳までの若い音楽家たち。アラブ人とイスラエル人が、ちょうど半数ずつになるように選抜されている。毎夏、六週間をスペインのセビリアで合宿し、バレンボイムの指揮のもとに音楽稽古をし、コンサートツアーをする。オーケストラは、セビリアのあるアンダルシア自治州政府の援助で運営されている。これは「イスラム教徒とユダヤ人とキリスト教徒が何世紀にわたって共存し、豊かな文化を作り上げた世界で唯一の土地だから」と、地元がオーケストラの趣旨に賛同したからだという。セビリアでの合宿の様子は、昨年の夏にパレスチナ自治区のラマラで行なわれたコンサートのライブ録音とともに、「Knowledge Is The Beginning」(知ることから始まる)と題されたドキュメンタリーになっており、DVDで見ることができる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順