カストロの天国と地獄

名越健郎
執筆者:名越健郎 2006年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

 1959年のキューバ革命以来47年間にわたり独裁体制を維持したフィデル・カストロ議長(80)が、8月初め、腸の手術を受け、権限を一時、政権ナンバー2の実弟ラウル・カストロ第一副議長に委譲した。 容体は「国家機密」ながら、悪性腫瘍説などが流れている。議長の早期退陣を望む米国はこれまで重病説、死亡説を意図的に流し、議長は「小さな北の隣人(米国)は安心すべきだ。100歳までは在職しない」などと笑い飛ばしてきた。 だが、公表された病室の写真は衰えが目立ち、カストロ時代の終焉が近いことを感じさせた。 あの世で、ブレジネフ・ソ連共産党書記長がホーネッカー東独共産党書記長とばったり出会った。「久しぶりだな。一杯どうだ」「ブレジネフ同志、もう少し待って3人で飲みましょう。もうすぐカストロ同志が来るはずです」 カストロ議長が遂に寿命を終え、地獄に落ちた。地獄の番人が議長に言った。「カストロさん、地獄にもいろんな罰があります。自分で見て選びなさい」 カストロ議長は地獄を歩き始めた。すると、マルクスとレーニンが血の池でもがき、スターリンとブレジネフが針の山でのたうち回っていた。カストロ議長は真っ青になった。 さらに進むと、フルシチョフが裸のマリリン・モンローと抱き合っているではないか。議長は手を叩いて叫んだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順