クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

性犯罪前歴者に英会話を習いたい?

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2006年10月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

 十年前にコロラドで「美貌の六歳」を殺した犯人が、いまごろバンコクで捕まるなんてまさかと、まず疑った。だがコロラドからのAP電によると、故ジョンベネちゃんの父親はテレビに出て「ほっとしました」と語ったという。殺された娘の親なら、警察から何か確実な連絡を受けているだろう。やっぱり真犯人かなあと、私は半信半疑の状態になった。 結局、最初に疑ったのが正しかったようである。身柄をタイから米国に移送された容疑者ジョン・マーク・カー(四一)は、固いアリバイの証言があるし、だいいちコロラド州ボールダーに住んでいたラムジー家とは縁もゆかりもない、面識すらない男である。話にならない。 カーの弁護人が殺人現場で採取してあるDNAとの照合を拒否したとの報もあったので、ひょっとするとホンモノか、いまも記憶に残るフットボールの元スター、O. J. シンプソンの妻殺し事件に似た法廷サーカスが始まるのかと再び興味が湧いたが、調べるとやはりDNAは一致せずと判り、空振りの三振で話は決着した。 アメリカの警察が、海外逃亡中の犯人を嗅ぎ付けたのではない。逮捕に到るきっかけは、カー自身の知人宛てメールに、ジョンベネを「私が殺した」と言わぬまでも、それを匂わす一節があったからだった。そんなアヤフヤな「証拠」で、アメリカの裁判所はよく逮捕状を出すものである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順