【火】電力各社の断末魔、韓国暴挙、介護

執筆者:フォーサイト編集部 2014年10月14日

先週末、2本の記事をアップロードしました。

まず1本は、産経新聞ソウル駐在客員論説委員・黒田勝弘さんの「産経前ソウル支局長起訴:検察と裁判所の戦いへ」です。今回の起訴は国内向けの警告で、いわば見せしめ。裁判の結果、おそらくは無罪になるだろうと黒田さんは分析します。こちらは無料公開中です。

そしてもう1本は、六車由実さんの好評連載「『介護民俗学』へようこそ!」第13回「共に食べる(上)食事介助の奥深さ」です。常に危険と隣り合わせで全神経を張りつめなければならない食事介助。しかし、あることをきっかけに、その奥深さ、楽しさがわかってきました。

本日の更新記事は、杜耕次さんの「経営トップ『突如辞任』も出た電力各社の断末魔」です。「再生エネ新規受け入れ中断」発表後の電力各社の説明会では、直前で梯子を外された事業者の怒声が飛び交っています。そんな中、北電のトップが突如辞任。電力側もいよいよ追い詰められています。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「『カンザスの変』で暗雲垂れ込める『共和党両院支配』」(足立正彦さん)の新エントリ。長年、共和党の強固な地盤であったカンザス州で、同党現職上院議員が、投票1カ月前のここにきて俄かに苦戦しはじめています。8年ぶりの上院多数党奪還も楽観視できない情勢になってきました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順