国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

対「エボラ出血熱」で最も名を上げた国

会田弘継
 意外な国が世界の称賛を浴びている(C)AFP=時事
意外な国が世界の称賛を浴びている(C)AFP=時事

 拡大するエボラ感染がついにアメリカに飛び火したかと思えば、「イスラム国」への渡航を企てていた男がいきなりカナダ議会へ「テロ」攻撃を仕掛ける――。もはや、世界に隔離された安全地帯はない。当たり前だ。開かれて、つながっていてこそ、今日の繁栄に行きついた。だからこそ、今日の難題がある。そんなことを考えさせられたひと月だ。

 

「平和国家」の堅固な意志

 北欧と並んで「平和な国」のイメージの強いカナダ。10月22日。その首都オタワで事件は起きた。男は、戦没者慰霊碑の前で警護の兵士を銃撃し殺害、道路を挟んで向かいの連邦議会議事堂へと駆け込んだ。議会衛視と銃撃戦になり、衛視長が男を射殺した。映像で見ても、射殺にためらいはない。決然としている。

 「さらに加害を起こす男を止めた衛視長以下をカナダ国民は当然、称賛する」。カナダの進歩派有力紙『トロント・スター』の翌日の社説はきっぱりとそう書いた。【A dark day at the heart of our democracy, The Toronto Star, Oct. 23

 1970年、ケベック独立派テロに対抗し「戦時措置法」が発令された時でさえ、議事堂は無傷だった。今回は「カナダの民主主義の心臓部が侵略された」。スター紙社説の、テロは絶対許さないという姿勢は明らかだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順