【金】世界が称賛した国、米共和党の責任

執筆者:フォーサイト編集部 2014年10月31日

本日の更新記事は、会田弘継さんの好評連載「国際論壇レビュー:対『エボラ出血熱』で最も名を上げた国」です。カナダの銃撃事件で当局の対応が称賛されていますが、果たしてこれが日本ならどうか。そしてエボラ禍では、意外な国の行動と同国の元指導者の発言が世界の称賛を集めています。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「共和党『上下両院支配』後に問われる『責任』」(足立正彦さん)の新エントリ。優勢が予測される共和党は、勝利の後、果たしてオバマ政権を徹底的に攻撃して歩み寄りを一切拒否するのか。「責任政党」としての姿勢が問われることになります。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順