香港証取の「魚心」は海外よりも本土へ?

2006年11月号
エリア: 中国・台湾

 大西洋をまたぐ形で欧米間の証券取引所の合併が進行するなか、香港証券取引所の将来が懸念されている。 米ニューヨーク証券取引所(NYSE)がパリを拠点とするユーロネクストを買収し(最終合意は当局の承認待ち)、米ナスダック(店頭市場)がロンドン証券取引所の株式二五・三%を取得して買収をちらつかせたことからすれば、たとえばNYSEが太平洋をまたいで香港証取を買収することも考えられる。 だがこうした観測に対し、香港証券商協会の李君豪会長は、「香港証取にとって、過半数株式を外国の一取引所に所有されるよりも、多くの独立した株主に支えられることが香港の利益にかなう」と述べた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順