国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(56)

「疫病」がもたらす歴史の転換

関裕二
執筆者:関裕二 2014年11月11日
エリア: 日本

 西アフリカの風土病・エボラ出血熱(エボラウイルスによる全身性の急性熱性伝染病)が、世界を震撼させている。体内で血栓が生まれ、血流が滞り、複数の場所から出血する。伝染力が強く、致死率の高い恐ろしい病気だ。2014年8月には、WHO(世界保健機関)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言している。

 なぜ今、エボラ出血熱なのだろう。人類の歴史は、病気との闘いでもあった。時代の節目には、必ずといってよいほど、疫病が蔓延したのだ。とすれば、現代は人類にとって大きな転換期なのだろうか。

 

縄文後期の謎の人口減

 病理史学者の立川昭二氏は『病気の社会史』(岩波現代文庫)の中で、文明が病気をつくり、文明の交流が病気をもたらすと言い、さらに、病気そのものに、「歴史的性格」があると指摘している。たしかに古代日本でも、病気と歴史は、深く関わりをもっていた。

 日本列島は島国だから、大陸と比較すれば、人びとの往き来は、限られていた。海の民の活発な交流はあったが、日常的に大量の人間が往来していたわけではない。だから病気に対する抵抗力は低く、ひとたび新たな伝染病が侵入すると一気に広まって被害が拡大した可能性が高い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順