【月】「現代の奴隷制」といわれる「実習制度」とは?

執筆者:フォーサイト編集部 2014年11月10日

週末に『反グローバリズムの克服-世界の経済政策に学ぶ』(八代尚宏著/新潮選書)の書評「【ブックハンティング】日本が世界の経済政策から学ぶべきことは何か?」(原田泰さん)をアップロードしました。「反グローバリズム論」がいかに誤っているかを論争的に述べるというよりも、世界の政策事例に学んで、反グローバリズムが誤りであることを示すという内容の本です。

本日の更新記事は、出井康博さんの「『人手不足』と外国人(4)『実習制度』拡充で『ブラック企業化』する日本」です。「実習」の名のもとに、途上国の若者たちを低賃金で単純労働に従事させる問題の多い制度。米国の人権団体からは「現代の奴隷労働」と批判されています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順