インドネシア「新政権」の行方(上)「弱い大統領」と「強い議会」のジレンマ

川村晃一
執筆者:川村晃一 2014年11月13日

 10月20日、7月の選挙で勝利したジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)がインドネシア共和国第7代大統領に就任した。10月27日には新内閣も発足し、国民の高い期待を背負った新政権がいよいよ船出した。ジョコウィ大統領は「すぐに行動せよ」と大臣たちに号令をかけ、自身も早速全国を飛び回っている。11月に開催される一連の国際会議――北京でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、ミャンマー・ネピドーでの東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合、豪ブリスベンでの主要20カ国・地域(G20)首脳会議――のすべてに参加し、国際社会にもデビューを果たす。

 だが、新政権の行く手には早くも難題が待ち受けている。

 

敗北を受け入れた敗者プラボウォ

 上下両院をあわせた国民協議会(MPR)で開催された大統領就任式には、両院議員682人と国内外の招待客650人以上が出席した。しかし、この直前まで、平穏に就任式が開かれるのか危ぶむ声があがっていた。というのも、7月の大統領選でジョコウィと争ったプラボウォ・スビアントが、選挙結果確定後も敗北を認めようとせず、下院・国民議会の過半数を握る野党各党が就任式をボイコットする動きまで見せていたからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
川村晃一
川村晃一 独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所 地域研究センター副主任研究員。1970年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、ジョージ・ワシントン大学大学院国際関係学研究科修了。1996年アジア経済研究所入所。2002年から04年までインドネシア国立ガジャマダ大学アジア太平洋研究センター客員研究員。主な著作に、『2009年インドネシアの選挙-ユドヨノ再選の背景と第2期政権の展望』(アジア経済研究所、共編著)、『インドネシア総選挙と新政権-メガワティからユドヨノへ』(明石書店、共編著)、『東南アジアの比較政治学』(アジア経済研究所、共著)、『新興民主主義大国インドネシア-ユドヨノ政権の10年とジョコウィ大統領の誕生』(アジア経済研究所、編著)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順