面従腹背の「地方」に悩む胡錦濤の次なる手

執筆者:藤田洋毅 2006年12月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 中国・台湾

腐敗撲滅よりも売春合法化を――やりたい放題の地方に対しては、一罰百戒も長くは効かない。ならばその先には……。「反腐敗闘争が盛り上がっています。ついには、全三十一の省・自治区・直轄市が党中央規律検査委員会のチーム受け入れを表明しました」 九月二十五日に発表された陳良宇上海市党委員会書記(政治局員)の解任を受け、中国各地方のトップが相次いで「表態(態度表明)」したという。胡錦濤総書記率いる指導部の決断を支持し、各地の腐敗を撲滅するため、上海と同じく党中央規律検査委(以下、中央検査委)のチームを受け入れる準備があると宣言したのだ。「大きな成果と前進」を誇るのかと身構えていたら、浮かぬ表情で党中央の中堅幹部は続けた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順