EUとトルコの回避すべき「正面衝突」

執筆者:アダム・セージ 2006年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 中東

[パリ発]一九二二年のオスマントルコ帝国崩壊以降、トルコはヨーロッパに寄り添うことで経済発展やNATO(北大西洋条約機構)加盟、そして躓きながらも「民主主義」といった果実を手にしてきた。その結果、アメリカやヨーロッパが他のイスラム諸国の「お手本」として挙げる政教分離の国ともなった。 しかし、EU(欧州連合)加盟問題をめぐっては、トルコとヨーロッパの関係は急速に冷えつつある。 相互不信と口論の中でいま問われているのは、サミュエル・ハンチントン・ハーバード大教授が冷戦の終わりに著書で予測した「文明の衝突」を避けるために、トルコが仲介者としての役割を果たすことができるか否か、という重大な問題である。 もしも欧州が門戸を開くのを待つことにトルコが疲れ果ててしまったら(世論調査には既にその兆候がある)、ドイツのヨシュカ・フィッシャー元外相が指摘するように、トルコは欧州以外に盟友を求める誘惑に駆られるかもしれない。もしそれが現実のものとなれば、欧米にとってトルコはお手本どころか、イスラム教と民主主義・市場経済との間には埋めることのできない溝があることを証明する「悪例」となってしまうとフィッシャーは警告する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順