ダイエーを得た岡田イオン 次はコンビニ再編へ

2006年12月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 念願のダイエーへの経営参画を果たし、総合小売業で圧倒的な地位を確保したイオンが、コンビニエンス業界の再編に向けて動き出した。 イオンは傘下に業界六位のミニストップをもつが、コンビニ各社の業績は最大手のセブン・イレブンが二位のローソン以下を引き離し独走状態。そこでイオンの岡田元也社長は業界三位のファミリーマートに「打倒セブン・イレブン、ローソン」のために提携を持ちかけているという。ファミリーマートはローソンと規模もほぼ同程度だが、生鮮食品を扱う新業態を展開し始めたローソンや四位のサークルKサンクスなどに比べ「他のコンビニとの差別化ができていない」(証券アナリスト)。 そこでイオンの岡田社長は「イオンのノウハウをファミリーマートに供与し、傘下のミニストップとの共闘態勢を築く」(イオン幹部)意向とされる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順