西武問題に船頭多くしてもうひと揺れの予感

2006年12月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 みずほフィナンシャルグループから送り込まれた後藤高志社長のもとで経営再建を進める西武ホールディングス(HD)。米投資ファンドのサーベラスなどの出資を仰いで再建を進めるが、最近になってサーベラスに次ぐ大株主である日興プリンシパル・インベストメンツが「出資引き揚げと、他社への西武HD株式譲渡を模索している」(大手投資銀行幹部)という。 その理由は、「経営陣の足並みの乱れ」(西武グループ関係者)。みずほ出身の後藤氏、旧運輸省出身の平野直樹会長のほか、サーベラス幹部や堤義明氏の意向を受けた幹部などもおり、「意思決定が遅いうえ、様々な意向を背景にした幹部の思惑から日興の意見が通らず投資のうまみがない」(同)ためのようだ。また、再上場で投資回収を目論むものの、「コクド株の所有権をめぐる創業家一族の係争で、経営が再度混乱する可能性」(同)も残っている。 日興がもつ西武HD株には海外の大手投資ファンドなどが興味を持っているとされる。日興はソニーグループの小売事業を手がける新持ち株会社に出資するなどしており「手元資金を増やす」(大手外資系ファンド)ため、投資回収を急いでいる。終息したと思われた西武問題はもうひと揺れあるかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順