「戦争と一体の近代国家」を批判したニスベット

会田弘継
執筆者:会田弘継 2006年12月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 アメリカ中間選挙で共和党が大敗し、ブッシュ大統領はラムズフェルド国防長官をただちに解任した。選挙はイラク戦争の進め方をめぐって争われ、大統領は「既定路線を進む」という方針に国民が「ノー」を突きつけたと認めた。「大統領二期目の中間選挙で与党が大負けするのは当たり前だ。任期二年を残すだけで政権は死に体(レームダック)だから」と言う人たちもいる。「イラク情勢が原因で共和党は負けたのではない。投票所出口調査で一番重要な問題とされたのは汚職や腐敗だ」という声もある。 だが、出口調査からは別の重たい数字が出ていた。大統領選でないのに三割以上の人がブッシュ大統領に抗議するため投票したと答えた。普段の中間選挙ではあり得ない高い数字であり、大統領に衝撃を与えたはずだ。理由が三年を越えて混迷を続けるイラク情勢なのは明らかだ。米兵の死者は三千人に迫り、イラク市民に至っては何万、いや何十万人も死んだという推定さえ出ている。アメリカは道を踏み誤った。多くの国民はそう感じ、無言の投票で声を上げた。「進む道を変えて欲しい」。 戦争は国民を塗炭の苦しみに追い込む。戦争の兄弟である革命もそうだ。アメリカ人はいまその苦しみの中にいる。戦争と革命が一緒に来たような混乱で、さらに苦しめられているのがイラク国民だ。その両国民を、世界の市民はなすすべもない思いで見やっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順