「人手不足」と外国人(5)「留学生30万人計画」の悲しき実態

出井康博
執筆者:出井康博 2014年12月2日
エリア: 日本
 「留学生30万人計画」は2008年、福田康夫内閣で打ち出された (C)時事
「留学生30万人計画」は2008年、福田康夫内閣で打ち出された (C)時事

 政府が「留学生10万人計画」の実現に向け躍起になっていた2000年代初め、中国などから出稼ぎ目的で入国する“偽装留学生”の増加が問題となった。彼らは地方の短期大学などに籍だけ置き、留学生に許可される時間以上の不法就労に従事していた。そして「留学生30万人計画」が推進されている今、「留学」を隠れ蓑にして来日する外国人が再び目立ち始めた。

 留学生のアルバイトは、法律で「週28時間」以内しか許されない。しかし、実態は形骸化している。人手不足の深刻化もあって、規定を超えて働くことは簡単だ。

「30万人計画」の達成は、2020年が目標だ。しかし現在、外国人留学生の数は約17万人で、達成への道のりは遠い。しかも10年前には留学生全体の7割に上った中国出身者は、自国の経済発展や日本との関係悪化もあって減少傾向が続く。また、大学や短大へ留学する学生の数も過去3年間は増えていない。

 その一方、急増しているのがベトナムやネパールといった新興国からの留学生だ。その受け皿となっているのが日本語学校である。日本語学校で学ぶ留学生の数は昨年度で約3万8000人に達し、前年から9000人近くも増えた。そのうち8000人以上がベトナムとネパールの出身者だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順