クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

香港の50年

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2014年12月5日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 中国・台湾

 ツイッギーがミニ・スカートでロンドン発の旅客機からタラップを降りてきて、各社カメラマンが羽田の到着ロビーに這いつくばってロー・アングルから狙ったのが1967年10月のことだった。私はその年の初夏、2度目の香港(最初は50年前の1964年)に行った。文化大革命を取材せよという編集長の命令だった。

 日本人の出国が極めて不自由だった1ドル=360円時代、香港は東京よりずっと世界の流行に敏感だった。九龍と香港島を結ぶスターフェリー上甲板のベンチにボンヤリ座っていて気が付くと、目の前の手すりに寄りかかって数人の若い女性がお喋りに熱中していた。それが1人残らずミニ・スカだった。私は心拍数が急上昇するのを覚えた。

 言い難いことを敢て言うと、中国女性は日本女性より総じてプロポーションがいい。もう少しで生殖器が見えるところまでスカート丈を切り詰める。デザイナーのマリー・クワントが世に出したあれは、人類服装史上空前の革命だったと思う。

 北京で猛威を振るっているという「子供の革命」は、すでに香港まで溢れ出していた。

 これもミニ・スカに負けない人類史上最大の革命である。何億という子供や若者が町に繰り出して行進し、「造反有理」と叫んだ。毛沢東は天安門上に現れ、手を振って子らを激励した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順