クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

いつか来る破局 上海の少子高齢化

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2006年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 迷信めいた話だが、現に満月の晩には凶悪事件が多いという統計があるそうだ。毛沢東が四十年前に文化大革命を始めた理由は、いまでは合理的に説明されているが、私はなお釈然としない。あの年から十年間ほどは、太陽の黒点が増えたか、または他の天体に人類のいまだ知らない何かが起き、それが人類の血を騒がせ、荒々しくさせたのではないかと疑っている。 香港に流れ着いた、手足を縛られた老人の死体。親が実権派だと密告した少年紅衛兵。一九六八年ベトナムのテト攻勢。米国のキング牧師暗殺と大デモ。パリの学生暴動。プラハの春を圧殺したソ連戦車隊から一九七二年ミュンヘン五輪へのパレスチナ・ゲリラ襲撃あたりまでの四年間は、とくに荒れた。 日本でも全共闘の破壊により、学園は荒廃した。三島事件があった。エンプラ寄港反対、浅間山荘、連合赤軍事件があった。新宿騒乱もあった。北朝鮮がミサイル撃とうが核実験しようがデモひとつない今日と、同じ日本のことと思えない。 しかし敢えて地球上に原因を求めれば、それはやはり中国の文革だろう。手に手に赤い本を持った子供の大集団が、国家主席や老作家を死に追い込んだ。何億もの群衆の発するエネルギーは、どこかの天体からの照射と同じほど、地球全体を熱くするのだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順