ウクライナの現在(下)EUの中に「ソ連」がある?

国末憲人
執筆者:国末憲人 2014年12月18日
エリア: ヨーロッパ ロシア

 1991年に独立して以来、ウクライナは「革命」と呼ばれる出来事を2度経験した。2004年の「オレンジ革命」と、今年のいわゆる「ユーロマイダン革命」だ。

「オレンジ革命」は、欧米の市民団体や国際機関の支援も得ながら、若者を中心とした大衆運動が強権政治を覆した、画期的な政変だった。もっとも、政治体制の変化に目を向けると、「革命」というより「改革」と呼ぶにふさわしいのは、フォーサイトの記事「ウクライナ『流血デモ』は『オレンジ革命』と何が違ったか」(2014年1月29日)で論じた通りである。「オレンジ革命」によって親欧米政権を担うことになったユーシェンコ氏は、革命前のクチマ政権で首相まで務めた人物であり、革命の前後で連続性が保たれているのは明らかであるからだ。

 今回の「ユーロマイダン革命」も、激動の2014年が終わりに近づいて振り返ると、やはり前と後との連続性が感じられる。5月の大統領選以降に政権を担うポロシェンコ大統領は、革命で打倒されたヤヌコヴィッチ政権で貿易経済発展相を務めたことがあり、ヤヌコヴィッチ前大統領の支持母体「地域党」の設立に参加した人物でもある。もともと激変志向の政治家ではない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順