饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(199)

厳格な宮廷スタイルだった「ノーベル賞晩餐会」

西川恵
執筆者:西川恵 2014年12月17日
カテゴリ: 国際 文化・歴史 社会
エリア: ヨーロッパ 日本
 中央がグスタフ国王(C)AFP=時事
中央がグスタフ国王(C)AFP=時事
 (クリックすると大きく見えます)
(クリックすると大きく見えます)

 スウェーデンは毎年12月10日、ノーベル賞受賞記念の大晩餐会をもってノーベル賞にかかわる一連の行事を締めくくる。今年の晩餐会もカール16世グスタフ国王(68)とシルビア王妃(70)の臨席の下、市庁舎「青の広間」で1300人が出席して開かれた。日本人受賞者3人も堪能した今年の晩餐会の模様である。

 

シャンパンは経費節減?

 シャンデリアきらめく「青の広間」。真ん中に長く伸びたメインテーブルは25メートル。片側各44人の計88人が、男女交互に座るように配慮されている。テーブル中央に国王と王妃が筋向いに席を占め、その周りに受賞者とその配偶者、王族が固まり、さらにその外側に首相、閣僚、アカデミー関係者が座った。

 天野浩・名古屋大教授はシルビア王妃の右手の最上席、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授は女性を1人置いた国王の左手で、天野教授と向かい合った。天野教授の右隣は中村夫人、中村教授の左隣は天野夫人と、このあたりは初対面の人ばかりにならないよう考えられている。赤崎勇・名城大終身教授と夫人は、途中退席も考えた本人の希望でメインテーブルには座らなかった。

この記事は役に立ちましたか?
Foresight最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順