行き先のない旅
行き先のない旅(44)

北欧の光と闇の魔力

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2007年1月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 外に出ると、すでに夕闇が迫っていた。思いのほか美術館に長居したのかと慌てて時計を見ると、まだ午後二時半だ。ストックホルムでの冬の一日はこの調子で暮れていくらしい。 スウェーデン国立美術館では、十九世紀から二十世紀初頭のスカンジナビアの画家たちが、北欧ならではの風景をどのように描いたかというテーマの美術展を行なっていた。うっそうと茂る森、湖の澄み切った水面に映る真昼のような白夜の青空、雪解け水が堰をきって流れる壮観な春のフィヨルド――。 興味深いのは、北欧の美術史では、自然を美化せずにあるがままに描く「写実主義」から、表向きは具象画のように見えても、その裏に画家が自分の主観的な心象風景を潜ませている「象徴主義」に突然移行してしまうことだ。フランス美術史の変遷のように、この間にあるはずの「印象主義」が、この北の土地ではすっぽりと抜け落ちてしまう。 印象派のモネやシスレーは、陽光が一日の間に変化する様子をあますところなく写し取りたいと、画架を持って戸外に飛び出した。フランスで一番美しいといわれる、パリ南東のフォンテンブローの森では、金色に輝く朝の光から、深紅に燃える夕焼けまで、色彩を変える木漏れ日と好きなだけ戯れることができただろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順