沈黙するロシア・メディアの罪と罰

名越健郎
執筆者:名越健郎 2007年2月号
カテゴリ: IT・メディア 国際
エリア: ロシア

恐怖政治におののき、若い記者も口をつぐむ。かつてあれほどレベルの高かったロシアのメディアは、いま衰亡の危機に立っている。 旧ソ連時代末期、西側のモスクワ駐在記者にとって水曜日は多忙な一日だった。通常の新聞に加え、改革派のモスクワ・ニュース、アガニョーク、文学新聞といった週刊紙・誌の発行日に当たり、夕方まで新聞、雑誌の転電に追われたものだ。長文の調査報道の信頼性や水準は欧米メディアを圧倒していた。 当時はグラスノスチ(情報公開)の全盛期。新聞・雑誌には、ソ連史の暗部を暴露したり、ソ連の立ち遅れを実証したり、ゴルバチョフとエリツィンの暗闘の舞台裏を活写したり、特ダネ満載だった。 グラスノスチはゴルバチョフの最大の功績だが、途中からそれは政権の思惑を超えてひとり歩きし、ソ連崩壊につながる原動力となった。メディアがソ連の真実を暴露し、大衆動員を伴う抗議行動を誘発。ジャーナリストがソ連を崩壊に追い込んだといっても過言ではない。ゴルバチョフもエリツィンもメディアを統制することはしなかった。 保守派・プラウダに対抗した改革派・イズベスチヤやモスクワ・ニュース、文学新聞などの編集部が立ち並び、急進改革派のデモが盛んに行なわれたプーシキン広場は、グラスノスチの“聖地”だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順