「真のODA改革」はこれから始まる

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2007年2月号
エリア: 日本

“身内”への援助だけ増額する財務省は論外としても、日本の援助コミュニティのどこにもODA哲学がない。いまこそ統一理念を打ち立てよ。  政府開発援助(ODA)にかかわる人々の間でいま、「二〇〇八年問題」が関心の的になっている。  〇八年は日本のODAにとって重要な日程が目白押しだからだ。春から夏にかけて、第四回アフリカ開発会議(TICAD)が日本で開かれ、主要国首脳会議(サミット)も議長国として日本開催となる。そしてその年の十月には国際協力銀行(JBIC)の解体を受け、新生国際協力機構(JICA)が正式に発足する。  世界の援助の焦点であるアフリカから多数の元首・首脳クラスが来日するTICAD。貧困削減が主要テーマの一つになるであろうサミット。ともに日本の援助姿勢が問われることは確実だ。新JICAの資金量は一兆円を超える。単一の援助機関としては世界でも最大級の規模で、まさに日本ODAの「顔」となる。日本輸出入銀行と海外経済協力基金との合併後の不仲でつまずいたJBICの二の舞は許されない。  援助関係者らは「〇八年をODA改革の転換点に」と意気込む。ところが、カウントダウンに例えれば、「ラスト1」となる今年は強い逆風の中での船出となった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順