「税調」など必要ない

2007年2月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 政治とは税である。このたとえは、雨の日は天気が悪い、といっているのと同じぐらい当たり前のことである。いやがる国民から税を取り立てなければ国家運営は成り立たない。外交だ、内政だ、と騒ぐ前に、税という重要な問題があるのだ。それほど大事な問題なのに、この国では政治家が税についてあまり考えない。考えてはいるのだろうが、どう使うかが主たる関心で、どうやって国家の財布に金を入れるかについては、完全に腰が引けている。税制をどうするか、というのを決めるのはこの国では基本的に財務省の官僚と、それに操られる政府税制調査会なる「有識者」の怪しい組織。あとは一握りの自民党税制調査会インナーグループである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順