「聞き書き」で何が変わるか:「すまいるほーむ」座談会

六車由実
執筆者:六車由実 2015年1月17日
エリア: 日本

《フォーサイト編集部です。昨年1月にスタートした六車由実さんの本好評連載は、いったん今回で幕を閉じ、書籍化の作業に入ります。連載を閉じるにあたって、連載の舞台となったデイサービス「すまいるほーむ」で、利用者さんやスタッフさんたちが座談会を行いました。座談会の登場人物は以下の通りです(発言順)。番外編のような最終回をお楽しみください》

 

六車さん:本連載筆者。民俗研究者。デイサービス「すまいるほーむ」管理者・生活相談員。

ゑみ子さん:「すまいるほーむ」利用者。昭和7年生まれ。連載第5回「ゑみ子さんの恋バナ」に登場。

羽柴さん:「すまいるほーむ」看護スタッフ。連載第14回「共に食べる(下)喜びを分かち合う場へ」に登場。

ハルコさん:利用者。昭和5年生まれ。連載第6回・第7回「彼女たちの挺身隊」に登場。

稲夫さん:利用者。昭和8年生まれ。

カズさん:利用者。大正6年生まれ。連載第15回「認知症の現場で『当事者の声』はどう扱われるべきか」に登場。

静枝さん:利用者。連載第11回「『聞き書き』の意味を問い直す(下)非日常を生きる」に登場。

村松健さん:介護スタッフ。村松社長の長男。

村松社長:「すまいるほーむ」を運営する有限会社ユニット社長。連載第8回・第9回「『すまいるほーむ』ができるまで」に登場。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
六車由実
六車由実 1970年静岡県生まれ。民俗研究者。デイサービス「すまいるほーむ」管理者・生活相談員。社会福祉士。介護福祉士。2008年に東北芸術工科大学准教授を退職し、静岡県東部地区の特別養護老人ホームの介護職員に転職。2012年10月から現職。「介護民俗学」を提唱し実践する。著書に『神、人を喰う』(第25回サントリー学芸賞受賞)、『驚きの介護民俗学』(第20回旅の文化奨励賞受賞、第2回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞受賞)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順