カジノを「隔離」する無菌国家シンガポールのジレンマ

山田敏弘
執筆者:山田敏弘 2007年2月号
カテゴリ: 国際 金融

[シンガポール発]昨年十二月八日、シンガポール政府は、国内二つ目となるカジノリゾートの開発権をマレーシアのカジノ運営大手「ゲンティン・インターナショナル」が獲得したと発表した。ゲンティングループを率いるのはアジア屈指の華僑である林梧桐。マレーシアで唯一のカジノを運営する同社は、第一弾の入札で敗れたものの第二弾の落札でアジアに新たな橋頭堡を得た。建設費約五十二億シンガポール・ドル(=SD・約四千億円)をつぎこみ、二〇一〇年にはシンガポール南部の観光地セントーサ島に「ユニバーサル・スタジオ」や六つのホテルなどを含む総合リゾート施設を誕生させる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
山田敏弘 ジャーナリスト、ノンフィクション作家、翻訳家。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク日本版などを経て、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のフルブライト研究員として国際情勢やサイバー安全保障の研究・取材活動に従事。帰国後の2016年からフリーとして、国際情勢全般、サイバー安全保障、テロリズム、米政治・外交・カルチャーなどについて取材し、連載など多数。テレビやラジオでも解説を行う。訳書に『黒いワールドカップ』(講談社)など、著書に『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』(新潮社)、『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文芸春秋)など多数ある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順