【木】キューバの半世紀、仏紙襲撃テロ2本

執筆者:フォーサイト編集部 2015年1月15日

本日の更新記事は、徳岡孝夫さんの「クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか? キューバの半世紀」です。半世紀の断絶を経て、国交回復へ歩を進める米国とキューバ。しかし、徳岡さんは50年以上前のキューバ危機を思い出し、割り切れない思いを語ります。

「専門家の部屋」では、パリで起こったテロ事件について2本の新エントリ。

『パリ連続テロ』で浮かび上がった『価値観』の対立」(ヨーロッパ、渡邊啓貴さん):パリ連続テロで浮かび上がった多くの課題と論点。治安、移民、社会格差、多文化…。現在の熱気が冷めた後に問われるものとは?

仏紙襲撃テロ:『通り一遍』だった日本の対応」(安全保障、林吉永さん):パリのテロに対し国際社会は戦う姿勢を強く示しましたが、安倍首相が率いる我が日本政府は、その集会・行進を「共に」したのでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順