労働争議に売行き不振 苦戦が続くトヨタ

2007年2月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

 トヨタ自動車のインド事業に苦難が続いている。 ひとつは乗用車販売の伸び悩みだ。昨年七月にホンダ系のホンダ・シエル・カーズ・インディアがライバル車「シビック」の新型を発売したところ、投入から四年近くが経つ「カローラ」(日本とは車種が異なる)の人気が急落。その結果、昨年十二月のトヨタ車(UV=多用途車=などを除く)の販売台数は前年同月比で二八%も下落した。一部地域の中古車市場でも「カローラ」の相場は二割ほど下がったとされる。 UVの販売は好調なため、トヨタの合弁現地法人トヨタ・キルロスカ・モーター全体では、昨年十二月の実績は前年同月比で一一%増。だが、この伸び率も、二〇―四〇%前後を記録した米ゼネラル・モーターズや韓国・現代自動車の現地法人、マルチ・ウドヨグ(スズキの子会社)、地場のタタ・モーターズなどと比べると見劣りする。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top