仏連続テロ「既視感」から浮かぶ「教訓」

国末憲人

 どこで見た光景だろうか。フランスの連続テロの周囲に漂う「デジャビュ」(既視感)が気にかかる。

 その1つを確かめようと、ちょうど訪ねたパリで、中心部の共和国広場に行ってみた。テロ後初の日曜日となった1月11日、100万人以上の市民が「言論の自由を守れ」と訴えて行進した場所だ。

 広場の中心には、フランス共和国を象徴する女性像「マリアンヌ」の記念碑がそびえ立つ。その周囲を、市民が持ち寄ったペンや鉛筆が今も取り囲む。同時に捧げられた花束と、記念碑のあちこちに落書きされた連帯の合言葉「私はシャルリー」――。

 

「高揚感」のあとが肝要

 2002年4月21日の深夜、筆者はこの広場にいた。今回と同様に、自由や民主社会の擁護を掲げたデモ行進の取材だった。その直前、午後8時にフランス大統領選第1回投票の速報が流れ、移民排斥を掲げる右翼「国民戦線」のジャン=マリー・ルペン党首が決選に勝ち残った。危機感を抱いた市民が「民主主義を守れ」と叫びながら、広場に繰り出した。

 いかに右翼が危険だとはいえ、それが民主主義の根幹を成す選挙制度の結果なのだから、本来なら「民主主義を守れ」と言うのもおかしなことだ。しかし、広場の熱気はそんな疑問をかき消していた。「右翼」という敵を見いだして、フランス人は団結ぶりを示した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順