ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(24)

ハイエクがとうに見抜いていた計画経済という「思想」の愚かさ

会田弘継
執筆者:会田弘継 2007年2月号
カテゴリ: 書評

“The Road to Serfdom”Friedrich A. von Hayek著University of Chicago Press 1976年刊日本語版には『隷属への道』(西山千明訳、春秋社、1992年刊)と『隷従への道』(一谷藤一郎・一谷映理子訳、東京創元社、1992年刊)がある「冷戦」のことを語り出すと、今ではときどき若い人たちから笑いものにされる。それもしょうがないか、という気もする。なにしろ、ことし大学に現役入学するのは一九八八年生まれなのだ。ベルリンの壁崩壊の前年である。ことし就職する学生たちでさえ、その年には幼稚園に上がったか上がらないか。冷戦などといってもピンと来ないのは当然だ。 世界が東西二陣営に分かれて、とてつもない数の核ミサイルを向け合って、「恐怖の均衡」の中で生きていたあの時代。それよりも居心地が悪かったのは、われわれの身の周りの冷戦だった。「史的唯物論」だの「下部構造」だのと、生煮えの言葉をちりばめて世界を解釈してみせる人士がどこにでもいて、まさに人々の「頭の中」でも冷戦が起きていた。 そんな時代を知らず、「冷戦」という言葉に「今どき、なに言っているの」と笑う若者たちの方が、まともかもしれない。もう遠い過去なのだ、きっと。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順