食品安全委員会は機能しているのか

執筆者:一ノ口晴人 2007年3月号
カテゴリ: 政治 社会
エリア: 日本

中国で、アメリカで、そして日本国内で、食の危機は発生し、消費者を襲う。いまこそ、“食の番人”の存在が重要になっているのだが――。 今年に入り「食のリスク」を実感させる事態が立て続けに起こった。宮崎県や岡山県で鳥インフルエンザが発生。北海道では国内で三十二頭目となる牛海綿状脳症(BSE)感染牛が見つかった。米国産牛肉の輸入再解禁から半年、米政府は輸入条件の緩和を強く求め始めている。この二カ月に限らずとも、食品添加物や中国産農産物の残留農薬、遺伝子組み換え(GM)食品など、日本の食卓は不安に覆われている。「食の番人」たる食品安全委員会は十分に機能しているのだろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top