饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(110)

安倍首相をもてなしたベルギーの“実質メニュー”

西川恵
執筆者:西川恵 2007年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 安倍晋三首相は一月九日から十三日まで英、独、ベルギー、フランスを歴訪したが、最大のポイントはこれまで日本にとってさほど大きな位置を占めていなかったベルギーだった。欧州に日本外交の新たな支点を作る上で、ベルギーは要である。 ベルギーの首都ブリュッセルは欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)の本部を抱える。加えて同国は、今年から国連安全保障理事会の非常任理事国である。要となるベルギーを押さえ、英、独、仏の主要三カ国に個別にアプローチする。これが欧州歴訪の狙いだった。 実際、十一、十二の両日滞在したブリュッセルで、安倍首相は超多忙な日程をこなした。十一日午前、ベルリンから政府専用機でブリュッセルに到着した首相は、まずEU本部でバローゾ欧州委員会委員長と会談。夕方は迎賓館「エグモン宮」でベルギーのフェルホフスタット首相と会談した後、同首相主催の夕食会に臨んだ。 この夕食会は「公式饗宴」で、両国政府関係者のほか、ベルギー在住の日本の企業関係者、文化人、芸術家など計七十人が招かれた。〈料理〉 舌平目のフィレと車エビのシンフォニー、新鮮なアサツキとカレー味のソースで 子牛のフィレ、森キノコとチコリを添えて

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順