ポロニウムアリマス

名越健郎
執筆者:名越健郎 2007年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ ロシア

 ロシアの反体制派、リトビネンコ連邦保安局(FSB)元中佐がロンドンで放射性物質「ポロニウム210」によって殺害された事件は、英捜査当局がFSBの元同僚ルゴボイを容疑者としたことで、FSB関与説が一段と強まった。 ルゴボイは昨年11月、ホテルのバーでリトビネンコ氏と会い、紅茶にポロニウムを混ぜて飲ませた疑い。元同僚のコフトンがポロニウムをロシアから持ち込み、「ウラジスラフ」という謎のロシア人が関与したと英メディアが報じている。プーチン大統領らKGB(旧ソ連国家保安委員会)の元中堅将校が中枢を固めるKGB政権の闇が、事件解明で暴露されかねない。 政権の統制下にあるロシアのメディアは、「リトビネンコの自作自演」「政商・ベレゾフスキーの犯行」といった政権べったりの主張を伝えているが、ロシアのアネクドート・サイトは一味違う勇気ある「分析」を伝えている。 問 リトビネンコはなぜロンドンで毒殺されたか? 答 ロシアでは、死刑の執行が凍結されているからだ。 昨年11月、ホテルのバーで、ルゴボイがリトビネンコに紅茶を渡しながら言った。「砂糖はいくつ?」「一さじだ。甘いのが嫌いなので、かきまぜないでくれ」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順