フランス人が選ぶ次の大統領は誰か

国末憲人
執筆者:国末憲人 2007年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

すんなりとは終わらないのがフランス大統領選。サルコジ、ロワイヤルの一騎討ちになるとは、まだ決まっていない。[パリ発]フランス国内ではそれほど話題にならなかったが、中堅調査機関BVAが三月一日に発表した携帯電話ニュース用の世論調査結果は、かなり衝撃的な内容を含んでいた。「大統領選の支持傾向」と題する調査で、そのうち四月二十二日に実施される第一回投票の予想はごく順当だった。与党「民衆運動連合(UMP)」公認のニコラ・サルコジ内相が三一%とトップを走り、社会党公認のセゴレーヌ・ロワイヤル元環境相がやや支持を落として二五%と続く。中道「仏民主連合(UDF)」議長のフランソワ・バイルー元国民教育相は一七%で三位に入った。 意外だったのは、上位二人で争う五月六日の決選投票の予想である。世間の関心はサルコジ、ロワイヤル両氏の競り合いに絞られていたが、BVAがバイルー氏の決選進出を想定した設問を加えたところ、サルコジ氏を相手に五四対四六、ロワイヤル氏を相手に五五対四五で決選を制し、バイルー氏が大統領に選ばれるとの結果が出てしまったのだ。 仏大統領選がサルコジ、ロワイヤル両氏の一騎討ちと思いこむのは早すぎる。調査結果は、そうした現実を物語っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順