国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

世界の論壇も割れた「テロ」と「言論の自由」を改めて考える

会田弘継

「言論・表現の自由」が無際限でないとしたら、どこに限界があるのか――。フランスの風刺週刊紙『シャルリー・エブド』への襲撃事件に続き、デンマークのカフェで「言論の自由」をめぐり開かれた集会が襲撃され、にわかに議論が沸騰した。当欄も含めたメディア全体の問題である。事件から少し距離を置けるようになった今、考えたい。

 事件はともに過激思想に影響されたイスラム系住民が絡み、直後にユダヤ人が被害を受ける襲撃が起きていることから、西欧諸国の「言論・表現の自由」と、イスラム系住民の信仰、反ユダヤ言論規制までを巻き込んで、複雑な論争となった。その複雑さはまず、シャルリー・エブドが掲げたムハンマドの風刺画をめぐり、各国の新聞が転載と見送りに分かれたことに浮き彫りにされた。

 米国の最有力紙『ニューヨーク・タイムズ(NYT)』は事件の発端となった風刺画ばかりか、事件後初めて発行されたシャルリー・エブドの表紙画の転載も見送った。その決断について、米国の進歩派オンライン新聞『ハフィントンポスト』はメディア欄で特集を組んで、NYT幹部らの見解を紹介している。【New York Times Only Top U.S. Newspaper Not To Publish Charlie Hebdo Cover, The Huffington Post, Jan.14

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順