選挙キャンペーン態勢を固めるジェブ・ブッシュ氏

足立正彦
執筆者:足立正彦 2015年2月25日
エリア: 北米

 2016年共和党大統領候補指名獲得争いへの出馬に向けた有力政治家の動きが慌ただしさを増してきている。そうした中、過去約四半世紀に一族から2人も大統領に就任し、彼らが培ってきた人脈に基づいて選挙キャンペーン態勢を固めつつある共和党有力政治家がいる。それはジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事だ。2014年中間選挙が行われた翌月の昨年12月、ブッシュ氏は候補指名獲得争いへの出馬を真剣に検討していることを明らかにしたが、現時点では未だ正式な出馬表明を行っていない。だが、選挙キャンペーン態勢固めに向けた動きが次第に明らかになりつつある。

 

経験豊富な選対幹部

 ブッシュ氏は、自らの政治活動委員会(PAC)の幹部を選挙キャンペーンで積極的に登用していく姿勢を明らかにしている。正式に出馬表明した場合、「America Rising PAC(ヴァージニア州アーリントン)」【https://www.americarisingpac.org】のエグゼクティブ・ディレクターを務めているティム・ミラー氏をコミュニケーション担当部長に、広報担当責任者であるクリスティ・キャンベル氏を全米広報担当官にそれぞれ起用する方針だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順