インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

北朝鮮「ウラン濃縮」をめぐり揺れ動いた米情報を検証せよ

春名幹男
執筆者:春名幹男 2007年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米 朝鮮半島

「三年前の話をなぜまた?」「北朝鮮はウラン濃縮を進めている」との情報を米政府から伝えられ、日本の外務省高官は耳を疑った。小泉純一郎首相訪朝前の、二〇〇二年八月下旬から九月中旬のことだ。「三年前」の一九九九年、北朝鮮はウラン濃縮用の遠心分離機に必要な周波数変換器を日本から輸入しようとして、米情報当局が察知、売却を阻止した。同じ年、北朝鮮が平安北道・金倉里に大規模地下核施設を建設したとの疑惑が浮上、米側が立ち入り査察して何もないことを確認したはずだった。 〇二年九月十七日、小泉訪朝で発表された日朝平壌宣言。日本側は米側の指摘を受けて、宣言文の中に、核・ミサイルに関して「関係諸国間の対話を促進し」という文言を急遽挿入した。ウラン濃縮問題に関する「米朝間の対話」の開始を見越して、日本外交の技を見せた形だった。 二日後、小泉首相はブッシュ大統領に電話して、訪朝結果を報告。ウラン濃縮問題では「米国も高官を北朝鮮に派遣すれば?」と提案した。そんな経緯で、当時のケリー国務次官補が十月三日から三日間訪朝した。 これ以後、北朝鮮のウラン濃縮問題が起点になって第二次核危機に発展した。 〇二年十月十六日、国務省は突然、「北朝鮮側が(濃縮ウラン計画を)認めた」との声明を発表した。ケリー次官補と会った姜錫柱第一外務次官の発言を「国務省の韓国語専門家が何度もチェックしてそう判断した」と国務省高官は私に言った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順