うるさい「機内アナウンス」

2007年4月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

 老いて気が短くなったせいばかりではないだろう。この国のお節介は我慢の限度を超えている。とくに公共機関のお節介はすごい。 上野の美術館へ行った。大変な込みようで入場までに一時間も待った。展覧会の目玉であるはずの名画の前にたどり着いても、人の頭の間から少し見える程度だ。 美術館のアルバイトなのか、女性スタッフがこちらめがけてにじり寄ってきてこうのたまう。「ガムはおやめください」「えっ」「飲食は禁止されています」「ガムが飲食?」「そうです。美術品を傷めるからです」「えっ」「ガムを吐き捨てたら美術品につくかもしれません」「なるほど」。これはこちらが悪いのだろうが……。 乗るたびに腹立たしいのは飛行機である。飛行機では音楽を聴くか眠ることにしているが、必ず壮烈な邪魔が入る。あの機内アナウンスである。なぜ、あんなに何度もアナウンスするのか。非常用設備や脱出時の説明、これはまあ、仕方がない。しかし興味もない機内販売などうるさいだけだ。水平飛行に入ってベルト着用のサインが消える。「ただいまベルト着用のサインが消えましたが、お客さまの安全のために、着席の間はベルト着用をお願いいたします」。それならベルト着用サインを消さなければいいじゃないか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順