それでも東証が新システムを富士通に託す深謀

2007年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

二年半後の稼動時にはすでに時代遅れになっているやもしれぬ新システム。「それより今、何とかしてほしい」の声をよそに、東証はなぜ――。「一秒、二秒、三秒……」。中国・上海市場の株価暴落が地球を一周し東京市場を襲った二月末。先を争って売り注文を出すトレーダーの目に、東京証券取引所の株売買システムの画面はスローモーションのように映っていた。 取引成立は先着優先だが、自分の注文がちゃんと成立したかを確認するまで次のアクションに移れない。買いそびれたとは知らず、手持ち株がないのに売りを出せば、カラ売り規制に引っ掛かる違法行為だ。証券ディーラーはこの間、画面を前に“フリーズ”するしかない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順