早くも始まるヒラリー疑惑の「再発掘」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2007年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

民主党の最有力候補であるがゆえに、疑惑の再追及は長く厳しいものになるだろう。果たして乗り切っていけるのか――。 米史上初の女性大統領を目指す民主党の本命、ヒラリー・クリントン上院議員(五九)にとって、今後最大の障害は共和党右派やメディアの疑惑追及だろう。米タイム誌はヒラリーを「米史上最も洗いざらい調査される人物になるかもしれない」と書いた。長丁場の大統領選で、ネガティブキャンペーンは大きなハンディになりそうだ。 好景気で問題が比較的少なかったクリントン時代の八年間、メディアはもっぱらクリントン夫妻のスキャンダル報道に奔走したが、夫妻が二〇〇一年初めにホワイトハウスを去った後、疑惑追及の動きは収まった。だが、今年一月の大統領選出馬表明後、共和党右派勢力の追及が始まりつつある。かつてヒラリーを「社会主義者」呼ばわりした政敵のギングリッチ元下院議長は「冷酷な選挙戦を進める意地の悪い女」と攻撃を再開。 二月十九日付ニューヨーク・タイムズ紙によれば、共和党内には「大きな政府」志向の強いリベラルなヒラリーが民主党候補になることが、共和党を再団結させる最善の道と歓迎する動きがあるという。「保守系の組織や出版社にとって、彼女の候補指名は反クリントン産業を復活させる好機だ」と同紙は伝えた。ワシントン・ポストなど主要メディアも今後、候補者を徹底解剖する調査報道を行なう予定だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順