中国依存に危惧 台湾がインド積極進出

執筆者:九門崇 2007年4月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾

 台湾企業のインド進出が急速に進んでいる。 二〇〇六年、台湾の対中国投資(認可ベース)は前年比二七・二%増の七十六億ドル強と過去最高を記録した。対外投資全体に占める中国の割合は前年と比べ減少したものの、依然六三・九%を占めている。ますます強まる対中依存への懸念を解消する“新天地”として、台湾当局は巨大市場のインドに期待を寄せている。 ただ、実際に投資を表明する企業は、IT(情報技術)や海運、建設業などの大企業を除いてまだ少ないのが実情である。たとえば東南アジアは華僑が多いためそのネットワークを用いて進出しやすいが、インドは言語や商習慣が異なるため、投資リスクを恐れる企業が多い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top